ピアニスト諸田由里子|pianist YURIKO MOROTA

心にしみる演奏、
いつまでも聞いていたいピアノ。
美しい音と確かな表現力の
「感性のピアニスト」


Profile

諸田由里子

ピアニスト 諸田由里子|Pianist YURIKO MOROTA

透明な音色、研ぎすまされたバランス感覚が魅力の感性のピアニスト。
桐朋学園女子高等学校を経て桐朋学園大学を卒業。上野久子氏に師事。
室内楽研究科にてH.ピュイグ=ロジェ氏に師事。
第1回淡路島国際室内楽コンクール第2位受賞。
第1回日本室内楽コンクール優勝。
第83回日本音楽コンクール特別賞受賞。
イタリアのキジアーナ音楽院にて全額スカラシップを得てリッカルド・ブレンゴラー氏に師事し、ディプロマを取得。
その後ウィーンに留学、ミヒャエル・クリスト氏のもとで研鑽をつむ。

帰国後はソロ活動、多くのアーティストのリサイタルの伴奏、室内楽奏者として数多くのコンサートに出演している。
第三回より国際オーボエコンクールの公式ピアニスト、長野アスペン音楽祭、浜松イーストマン音楽祭、石川ミュージックアカデミーなど多くの音楽祭の公式ピアニストを務めている。
活動は日本国内のみならず、国際交流基金によるオーストラリア、ニュージーランドへの派遣でのコンサートツアーをはじめ、諏訪内晶子氏との3度にわたる台湾でのコンサート、フランス・ノワイエミュージックフェスティバルへの参加等、海外でのコンサートも数多い。

毎年行っているソロ・リサイタルでは、その透明で美しい音色と確かな解釈で毎回質の高い演奏が評判となっている。
また室内楽奏者としても卓越したバランス感覚を持ち共演者からの信頼も厚い。
ピアニストとして活動しながらもフランスの巨匠クリスチャン・イヴァルディ氏に定期的にアドヴァイスを受け常に進化し続けている。
2015年より「Yuriko Morota 室内楽シリーズ」をスタート。

ライヴノーツ、ナミ・レコードよりファーストアルバム「諸田由里子ピアノリサイタル」 セカンドアルバム「ドビュッシー:版画 諸田由里子ピアノリサイタルⅡ」をリリースしている。
また、共演としては、石田泰尚ヴァイオリン・リサイタル”BRAAAHMS!”(ブラームス・ヴァイオリンソナタ全3曲収録)、山本裕康「情景」などがある。

Pure and transparent tone color, profound understanding of the piece, perfect polish: these are the trademarks of a pianist with surprising sensitivity and poise.
Yuriko Morota is a graduate of Toho Gakuen Music High School and Toho Gakuen College’s Music Department, where she first studied piano under Hisako Ueno, then chamber music under Henriette Puig-Roget.
At the first Awajishima International Chamber Music Festival she was awarded 2nd Prize; she went on to win 1st Prize at the first Japan Chamber Music Competition.
Granted a full scholarship, she studied at the Chigiana Music Academy in Siena, Italy, under Riccardo Brengola. After receiving her diploma from that institution, she traveled to Vienna, Austria, to pursue further studies under Michael Krist.

Upon her return to Japan, she was immediately greatly in demand both as a soloist and as an accompanist at countless chamber music events.
She became the official piano accompanist at the 3rd International Oboe Competition of Japan; this was followed by appointments at the Nagano-Aspen Music Festival, the Hamamatsu-Eastman Music Festival, the Ishikawa Music Academy, among many other schools and festivals.
Overseas, she has been sent by the Japan Foundation to represent her country on concert tours to Australia and New Zealand, three times to Taiwan together with the violinist Akiko Suwanai, on other tours to the Rencontres Musicales de Noyers (Noyers Music Festival) in France -- not to mention several other countries.

Her energetic solo recitals have won her a reputation for consistently reliable performances drawing on the gorgeous limpidity of her piano’s tone and compelling interpretations.
When she accompanies chamber music ensembles, her collaborators know they can count on her to deliver an equilibrated response to their flights of inspiration.
Despite her many accomplishments and frenetic schedule, Yuriko Morota still finds time regularly to visit her mentor, the great French pianist Christian Ivaldi, to seek to further refine her technique.

“Yuriko Morota Plays Mozart, Liszt and Janáček” (Live Notes/Nami Records) was her début piano solo album. It was followed by “Debussy : Estampes” (Live Notes/Nami Records).
Collaborations include “Yasunao Ishida Violin Recital, Johannes Brahms Violin Sonatas: BRAAAHMS!” with the violinist Yasunao Ishida and “情景” (Joukei/Scenery) with the cellist Hiroyasu Yamamoto.