/hippiatric1051144.html,yurikomorota.com,おもちゃ , 赤ちゃん・幼児のおもちゃ , がらがら・ラトル,ハンドヘルドコンデンサーマイク、多機能電話インタビューマイク超低自己ノイズカーディオイドピックアップ会議用スピーチレポート用,6607円 お気に入り ハンドヘルドコンデンサーマイク 多機能電話インタビューマイク超低自己ノイズカーディオイドピックアップ会議用スピーチレポート用 お気に入り ハンドヘルドコンデンサーマイク 多機能電話インタビューマイク超低自己ノイズカーディオイドピックアップ会議用スピーチレポート用 6607円 ハンドヘルドコンデンサーマイク、多機能電話インタビューマイク超低自己ノイズカーディオイドピックアップ会議用スピーチレポート用 おもちゃ 赤ちゃん・幼児のおもちゃ がらがら・ラトル /hippiatric1051144.html,yurikomorota.com,おもちゃ , 赤ちゃん・幼児のおもちゃ , がらがら・ラトル,ハンドヘルドコンデンサーマイク、多機能電話インタビューマイク超低自己ノイズカーディオイドピックアップ会議用スピーチレポート用,6607円 6607円 ハンドヘルドコンデンサーマイク、多機能電話インタビューマイク超低自己ノイズカーディオイドピックアップ会議用スピーチレポート用 おもちゃ 赤ちゃん・幼児のおもちゃ がらがら・ラトル

お気に入り ついに再販開始 ハンドヘルドコンデンサーマイク 多機能電話インタビューマイク超低自己ノイズカーディオイドピックアップ会議用スピーチレポート用

ハンドヘルドコンデンサーマイク、多機能電話インタビューマイク超低自己ノイズカーディオイドピックアップ会議用スピーチレポート用

6607円

ハンドヘルドコンデンサーマイク、多機能電話インタビューマイク超低自己ノイズカーディオイドピックアップ会議用スピーチレポート用

商品の説明

機能:
1。金メッキのカプセルを搭載したカーディオイドピックアップ技術により、音源を狙いながら素早くクリアに音を捉えることができます。
2。周波数応答範囲は60Hz〜20KHzで、3.5m / 11.5ftの超長ケーブルが装備されており、レポーターやオーディオワーカー向けに特別に設計されています。
3。内蔵の多層フロントガラス。周囲の環境からのロスレス音質と外部信号干渉をもたらします。
4。スマートフォンなどの3.5mm TRRSインターフェースを備えたデバイスと互換性があり、インタビュー、レポート、スピーチ、結婚式、会議、スピーチなどに適しています。
5。オールメタル構造と超低セルフノイズにより、録音サウンドがよりクリアで自然になります。


仕様:
アイテムタイプ:電話ハンドヘルドマイク
材質:金属
色:黒
ケーブルの長さ:約。 3.5m / 11.5ft
重量:約565.0g / 19.9oz
音響原理:コンデンサー
指向性:カーディオイド
出力インピーダンス:2.2kΩ標準
周波数応答:60Hz 〜20KHz
最大音圧レベル:100dB SPL(F = 1kHz、THD

ハンドヘルドコンデンサーマイク、多機能電話インタビューマイク超低自己ノイズカーディオイドピックアップ会議用スピーチレポート用

  • ネオジム磁石
    製品情報

    現在、世界で最も強力な磁石です。わずか数cmの大きさで、10kg以上の吸着力!アイデア製品、新製品開発に最適です。

  • サマコバ磁石
    製品情報

    温度特性に優れているため温度安定性が要求される用途に適しています。防錆のための表面処理は不要です。

  • フェライト磁石
    製品情報

    酸化鉄を主原料にしているため、低コストが重視される用途に向いています。錆の心配はありません。

  • 表面磁束密度
    吸着力計算

    ご希望の磁石の表面磁束密度、吸着力、限界使用温度などを計算いたします。径方向着磁にも対応いたしました。

  • 磁石・磁気の
    用語辞典

    磁石・磁気に関する用語解説集。専門書にも負けない豊富な内容で、初心者からプロまで幅広くご利用いただけます。

  • 磁石の歴史

    大昔の磁石、磁気科学の歴史、強力な磁石が出現した背景など多くの図表を使って解説しています。

メールアドレス
リメンバーNeoMag通信 【電池の基礎シリーズ(2)】
2012年11月配信
1.マンガン乾電池
1866年に、ルクランシェが乾電池の先駆となるルクランシェ電池を発表しました。これは、素焼き筒の中に電解液を浸し、正極に二酸化マンガン、負極に亜鉛を用いたものでしたが、このルクランシェ電池の電解液を非流動化させ、日常使いやすいルクランシェ型マンガン乾電池の開発が19世紀末に世界で行われました。1880年代のほぼ同時期に日本の屋井先蔵、デンマークのヘレセンス、ドイツのガスナーらが開発を行い、これを乾電池と呼んだのです。
この電池は1880年代の後半から現代まで世界で大量に生産され使用されています。開発初期の正極には、天然産二酸化マンガン鉱石をそのまま粉砕して用いられましたが、現在は硫酸酸性硫酸マンガン水溶液から黒鉛アノード上に電気分解によって析出する電解二酸化マンガン(γ-MnO2)が使用されています。
磁石関連用語PickUp
ネオマグFacebook